大野池周辺の紅葉

 2017年10月31日


大野池の周りにはベンチがあり、皆さん思い思いに寛いでいました。この日はほとんど風が無く、池には周りの木々が綺麗に映り込んでいました。           


                   <画像をクリックすると大きくなります。>


e0362222_21033498.jpg

e0362222_21042385.jpg

e0362222_21080477.jpg

e0362222_21083541.jpg

e0362222_21093125.jpg

e0362222_21100934.jpg

e0362222_21103664.jpg

e0362222_21281904.jpg

[PR]

by taranbosuki2 | 2017-10-31 21:30 | 風景 | Comments(6)

大野池のマガモ

 
 2017年10月30日

 北大構内で小鳥に出会えませんでしたので、同構内にある大野池でマガモにカメラを向けてみました。           


                    ↓ 画像
をクリックすると大きくなります。


e0362222_22061442.jpg

e0362222_22051553.jpg

e0362222_22032115.jpg

e0362222_22012566.jpg

e0362222_21575771.jpg

e0362222_21534210.jpg

e0362222_21542249.jpg

[PR]

by taranbosuki2 | 2017-10-30 22:23 | | Comments(4)

札幌農学校第2農場

紅葉を求めて北大構内を散策しました。以前、札幌農学校第2農場で鳥に出会ったことがありましたので、今回久しぶりに訪れてみましたが、小鳥に出会うことはできませんでした。            


                   
                   <画像をクリックすると大きくなります。>


                             札幌農学校第2農場
e0362222_22151761.jpg

e0362222_22170561.jpg

e0362222_22183336.jpg

                        模範家畜房(奥側)
e0362222_22195686.jpg

                                牧牛舎
e0362222_22205274.jpg

e0362222_22202221.jpg

                                 製乳所、釜場
e0362222_22193245.jpg

e0362222_22211864.jpg

e0362222_22234523.jpg

e0362222_22222329.jpg

[PR]

by taranbosuki2 | 2017-10-29 22:46 | 散策 | Comments(4)

小樽港

今日は植木の冬囲い(継続)とシドケの刈り取り作業等で疲れましたので、小樽に行った時の残りの写真をアップします。お茶を濁す形となりましたがご容赦ください。             


                 <画像をクリックすると大きくなります。>


e0362222_21560305.jpg

e0362222_21573993.jpg

e0362222_21563041.jpg

                               釣りをする人
e0362222_22031684.jpg

e0362222_21580117.jpg

                   小樽運河クルーズ(水上から運河や倉庫を見渡す)
e0362222_21595465.jpg

                                 ウミネコ
e0362222_21472377.jpg
                                 友達
e0362222_22020045.jpg

                           フライング・シャーク
e0362222_22001329.jpg
フライング・シャークはドイツの工業デザイナー、ルイジ・コラーニの作品で、1984年の小樽博覧会の時の展示作品の一つである。サメと飛行機を融合させたようなユニークなデザインで、ヒレの部分から水が流れるような構造になっているが、通常は出ていない。
[PR]

by taranbosuki2 | 2017-10-28 22:29 | 風景 | Comments(4)

小樽歴史探訪(建造物)

うだつとは、隣家との境に張り出して設けられた高い袖壁のことで、火災による類焼を防ぐための防火壁の一種です。明治37(1904)年に小樽の稲穂町で大火災があり、その後建築された市指定の歴史的建造物である「旧早川支店」や「旧名取高三朗商店」にはうだつが設けられており、防火に配慮したことがうかがわれます。また、うだつは、後に装飾も施されるようになり、自己の財力を示す物として造られるようにもなりました。「旧早川支店」のうだつには、朝日や鶴と亀の彫刻があり、当時の小樽商人の勢いを感じさせます。このことから、地位や生活などが良くならない、状態が今ひとつ良くならないことを「うだつが上がらない」と言いますが、元々は建築用語からきています。また、小樽運河プラザ前に建つ犬の銅像は「消防犬ぶん公」で、昭和初期に実在した犬です。火災現場で野次馬を追い払ったり、ホースのもつれを直すなどの活躍をしたと言います。小樽総合博物館の運河館には、ぶん公の剥製が展示されています。           


                  <画像をクリックすると大きくなります。> 
                         


                           歴史的建造物;川又商店
e0362222_21304956.jpg
                          同倉庫倉(明治38年建造)
e0362222_21302372.jpg
                        旧早川商店うだつ(明治38年建築)
e0362222_21313951.jpg
                               旧大家倉庫
e0362222_21420435.jpg
                         旧小樽倉庫(現小樽運河プラザ)
e0362222_21424350.jpg
                          運河プラザ内での一コマ 
e0362222_22104967.jpg
                                
          消防犬ぶん公
e0362222_22224069.jpg
        漁り火船
e0362222_21463526.jpg
    おまけ;海上巡視船しれとこ
e0362222_21485360.jpg
                27日(金曜日)は所用のためブログをお休みします。
[PR]

by taranbosuki2 | 2017-10-26 22:51 | 散策 | Comments(4)

小樽歴史探訪(旧手宮線散策路)

今日は小春日和の穏やかな一日でしたので、午後から冬囲いの作業を続けました。
写真は先日行った「小樽の歴史探訪」で、旧手宮線散策路を歩きました。手宮という地域は小樽市内の町のなかでも、古くからある種の独立性を保ってきたエリアと言われており、かって手宮の住人は小樽中心部に出かけることを「今日は 小樽まで行ってくる」と言った そうです。小樽湾内の北部に位置する手宮は、防波堤の無い時代にも、北西の季節風を避けるのに好都合な場所だったので、そのことから石炭の積み出し拠点に選ばれ、明治13年には港と接続するための鉄道が開通しました。この鉄道は既存の道路の上に敷かれ、人家の目の前を通る石炭列車の情景は明治37年まで続きました。        


                  <↓画像をクリックすると大きくなります。>


                          
「旧手宮線跡地」の標識
e0362222_20523594.jpg


e0362222_20521082.jpg


                                色内駅舎跡
e0362222_20535600.jpg


e0362222_20541965.jpg


e0362222_20554236.jpg


                             切り替えポイント
e0362222_20565680.jpg

                             小樽市総合博物館
e0362222_20571770.jpg

                       鉄道発祥地ならではの列車を展示
e0362222_20585287.jpg

    蒸気機関車動輪のモニュメント
e0362222_20595604.jpg



[PR]

by taranbosuki2 | 2017-10-25 21:41 | 風景 | Comments(4)

カイツブリ

今日やっと冬囲いを開始しました。午前中歩きに行く予定でしたが、お客さんが来て出られなくなったので、午後の時間を有効に使おうと冬囲いに取りかかりました。
写真は昨日の三重湖の続きでカイツブリです。暗くなってきたので帰ろうと思ったところ、「ケレケレケレ」というカイツブリ特有の声が聞こえましたので対岸に目をやると、4羽のカイツブリが潜水や追いかけっこをしていました。今の時期にカイツブリに出会えるとは思っていませんでした。夕刻なので鮮明さに欠けますが、一応証拠写真と言うことでアップしました。         


                   <画像をクリックすると大きくなります。>

e0362222_21385907.jpg

e0362222_21314974.jpg

e0362222_21323409.jpg

e0362222_21330515.jpg

e0362222_21353218.jpg

e0362222_21363356.jpg

e0362222_21401974.jpg

e0362222_21414186.jpg


[PR]

by taranbosuki2 | 2017-10-24 22:07 | | Comments(4)

三重湖

        親戚からの帰り道、夕暮れ時ではありましたが、三重湖に立ち寄って見ました。       


                <↓画像をクリックすると大きくなります。>


                            
中州に掛かる橋
e0362222_20224387.jpg
                            中州から対岸を望む
e0362222_20233725.jpg

e0362222_20263826.jpg

e0362222_20254171.jpg

e0362222_20272618.jpg

e0362222_20351442.jpg

e0362222_20280219.jpg

          トワイライト
e0362222_20285006.jpg
          おまけ(今朝の初雪)
e0362222_20301461.jpg
        庭の雪は残りました
e0362222_20305403.jpg

[PR]

by taranbosuki2 | 2017-10-23 20:46 | 風景 | Comments(6)

真駒内公園の紅葉

今日はバラの剪定と切り口の養生、ウドの刈り取り、そして台風に備えて植木鉢の避難等をやっていました。
写真は鳥撮りが空振りに終わったときの、真駒内公園の紅葉です。           


                 <画像をクリックすると大きくなります。>


                            カツラの巨木の黄葉
e0362222_20551856.jpg

e0362222_20554195.jpg

e0362222_20563246.jpg
                          中央橋より藻岩山を望む
e0362222_20564948.jpg

e0362222_20574843.jpg
                                 緑橋
e0362222_20582152.jpg

e0362222_20584863.jpg

e0362222_21004443.jpg

e0362222_21015986.jpg

e0362222_21025077.jpg

e0362222_21140752.jpg

e0362222_21054283.jpg

e0362222_21074212.jpg

[PR]

by taranbosuki2 | 2017-10-22 21:31 | 風景 | Comments(6)

旧黒岩家住宅(旧簾舞通行屋)

旧黒岩家住宅(旧簾舞通行屋)は開拓使時代初期の農家の家屋構造を伝える札幌市に残る唯一の通行屋です。この建物は、札幌から定山渓を経て有珠へ往来する旅行者や、荷物を運ぶ人馬の宿泊・休憩所として、その要所であった簾舞に開拓使によって建てられました。その後、明治20年に定山渓への新道(旧国道230号)が開通した際に、通行屋の家守だった黒岩家によって現在地に移築されました。現在は札幌市指定有形文化財となっており、資料館として活用されており内部も見学できます。         


                   <画像をクリックすると大きくなります。>


e0362222_21153355.jpg

e0362222_21164199.jpg

e0362222_21170133.jpg

e0362222_21172518.jpg
                          おまけ①(我が家の小菊)
e0362222_21294474.jpg
                      おまけ②(我が家のドウダンツツジ)
e0362222_21295581.jpg
                        おまけ③(我が家のリンドウ)
e0362222_21300581.jpg
                       おまけ④(我が家のチングルマ)
e0362222_21301903.jpg
                         おまけ⑤(我が家のバラ)
e0362222_21302962.jpg
                 今年の我が家の草花は今回で終わりです。
[PR]

by taranbosuki2 | 2017-10-21 21:52 | 風景 | Comments(4)